2013年04月13日

古民家に感動!「難波田城公園」【埼玉県富士見市】

テレビ番組でもたびたび出てくる、難波田城(なんばたじょう)公園。
気になるので行ってみました。

南口の駐車場に到着。入り口から立派な古民家の茅葺屋根が見えます。


▲南口から見える古民家

もっと小さい公園かと思っていたら、意外に広いところです。


▲案内版

まずは古民家ゾーンから見学。
さきほど見えた古民家。明治4年に建てられた民家だそうです。


▲旧金子家住宅


近くに、「ちょっ蔵」という売店があります。
駄菓子がちょっとだけ売ってました。



▲ちょっ蔵

ちょっ蔵の隣にある納屋の前では、べー独楽や剣玉などのなつかしいおもちゃが置いてあり、
こどもたちがあそんでいました。


▲納屋の前のなつかしのおもちゃ

古民家の前に人だかりがあるので覗いてみると、
パラシュートづくり体験のイベントを行っていました。

どうやらここでは、「ちょこっと体験」と称するイベントを定期的に行っているようです。
午後1時〜3時開催、参加自由・無料、事前申し込みは不要だそうです。

ちなみに2013年のゴールデンウィーク中は、
4/29(月):紙のかぶとづくり※
5/3(金)こいのぼりづくり
5/4(土)紙のミニよろいづくり※
5/5(日)ごえもん風呂(しょうぶ湯)(水着とタオル持参)
※材料代がかかります。
などのイベントを実施予定。



▲イベントに参加するひとたち


古民家の中にも入ることができます。
とてもしっかりした作りの家。お手入れもされていてキレイです。






▲古民家の中の様子

できることなら、一度泊ってみたいもんですね。
茅葺屋根も手入れが行き届いていて美しいです。


▲美しい茅葺屋根


こちらは、旧大澤家住宅。こちらも立派です。建築年代は明治4年。






▲旧大澤家住宅

ここでは、はたおりの体験イベントもやっていました。


▲機織り機の展示

本物を見るのは初めてです。

このほか、農機具などの展示もあり、なかなか勉強になります。


古民家ゾーンから、園内中央にある資料館をとおり抜け、今度は城跡ゾーンへ。


▲資料館


難波田城は、富士見市内を本拠として活躍した難波田氏の居城跡。
発掘調査や古城図などの記録をもとに復原した水堀と土塁が見学できます。




▲水堀と土塁

行ったときは、すでに桜は散っていましたが、お堀の周りにはたくさんお桜があり、
お花見にもいいですね。

また、水堀にはスイレン(5月〜6月)、古代蓮(7月〜8月)も咲きます。


------------------
【おでかけデータ】
難波田城公園
埼玉県富士見市大字下南畑568-1
http://www.city.fujimi.saitama.jp/30shisetsu/11nanbadajyo/

満足度(最高5):★★★
------------------






posted by ぱぱき at 00:00| 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。