2013年04月29日

一日じゃ遊びきれない!「国営武蔵丘陵森林公園」(埼玉県比企郡滑川町)

久しぶりに娘と森林公園に行って見ました。
通常大人:400円、小・中学生:80円ですが、
なんとこの日は入園無料!5月4、5日も無料です。※5月5日は小・中学生のみ。


超混雑するのでは・・・と予想して、朝早く行きました。
通常9:30開園ですが、9時ごろにはすでに開園していました。

前回、娘と森林公園にきたときは、園内があまりに広すぎて、
移動にとっても苦労したので、今回は車に自転車を積んで万全の体制で臨みます。

南口駐車場に車をとめて、最初にめざすは人気の「ぽんぽこマウンテン」。
森林公園内では、自転車で通行できるサイクリング道路と歩行者道路が完全に分離されているので、
双方にとって、安心して園内散策ができるようになっています。

さすが森林公園というだけあって、園内は森林がたくさん。
美しい新緑の中を颯爽と自転車でサイクリングするのは、本当に気持ちがいいです。

サイクリングコースは途中のアップダウンや急カーブが複数あるので、
小さな子供が自転車で移動するのはちょっと苦労しそうです。
運動不足の私も苦労しました。

サイクリングコース途中の標識にしたがって、ぽんぽこマウンテン付近に到着!

「あれ?ぽんぽこマウンテンが見えないよ?」
と思ったら、実はぽんぽこマウンテンのすぐ近くには、自転車を駐車することはできません。
サイクリングコース付近の駐輪場に自転車を止め、山の中を10分ぐらい歩く必要があります。

そしてやっとこ「ぽんぽこマウンテン」に到着




▲ぽんぽこマウンテン

ぽんぽこマウンテンは、約1000uある、日本一大きなトランポリン。
子供たちがみんな楽しそうにジャンプしています!

あまりにも大きいので、遊ぶのに夢中になって、
親がいる方向がわからなくなって、迷子になってしまう子もいるようです。
うちの娘も以前方向がわかなくなって不安になっていました。
小さいうちは、目をはなさないようにしないといけませんね。

9時30分ごろはすいてましたが、お昼近くになると、
大勢の子供たちで、ぽんぽこマウンテンが埋め尽くされてしまいました。

ゴールデンウィーク中は、安全のため終日高校生以上の利用が制限されていました。

ぽんぽこマウンテンでひとしき遊んだあと、今度はすぐ近くにある、
運動広場にいってみました。
すると、アイスランドポピーが満開!


▲アイスランドポピー

公園の方いわく、今年はいつもよりも花が少ないんです、といってはいましたが、
十分きれいでした。5月6日には無料で摘み取り体験もできるらしいです。

ポピー畑の周りでは、乗馬トレッキングを開催中。
馬に乗りたいというので、娘も参加しました。

一人600円。3歳以下は保護者と一緒に乗れるそうですが、
4歳以上は馬に負担がかかるので、大人とは同乗できないそうです。




▲乗馬トレッキング

ポピー畑の周りを1周、約5分程度。
娘はパパと一緒に乗れると思っていたのですが、
一人で乗らないといけない事が分かり、終始不機嫌になってしまいました・・・。
朝早いのと、ぽんぽこマウンテンで遊んでちょっと眠いのもあったようですが。


気をとりなおして、
ぽんぽこマウンテンがある運動広場でレジャーシートを敷いてランチ。

広場はとっても広いけど、日陰が少ないのが難点。
一応休憩用の大型のテントがあったけど、すぐに埋まってしまいました。

ここでは日よけ用の簡易テントあるといいですよね。


さて、ランチを終えて次に向かうは、
西口広場にある「むさしキッズドーム」。

ぽんぽこマウンテンから、歩くと約25分ほどですが、
今回は自転車があるから問題なし!
と自転車を乗ったところでトラブル発生!

なんと、娘を乗せた瞬間に、風船が破裂したような大きな音がして、
自転車がパンク!
どうしようかと途方に暮れていると、目の前にSOSの電話BOX。
電話すると、パンクした自転車を車に乗せて、
園内の指定の駐車場に運んでくれるとのこと。

残念ながら園内には、パンク修理する施設はないそうですが、
子供一緒だったので、自転車を移動してくれただけでも大助かり。

電話から5分程度で迎えにきていただきました。ありがたいです。

振り出しの南口駐車場に戻り、改めて自転車をレンタルすることに。
3時間600円。
子供を乗せる座席が旧式の古いものしか残っておらず・・・。
どうやら午前中に最新のものはすべてレンタルされてしまったらしい。

まあ、ないより「まし」だと再び西口に向かうも、今度は娘が眠くなったららしく、
自転車で船をこぎ始めました。旧式の座席なので、背もたれがほとんどなく、走っているうちに落下しそうに。

仕方なく森の中のベンチで昼寝タイム。

1時間ほどで起き、いざ西口へ。
やっとの思いで到着した、むさしキッズドーム。


▲むさしキッズドーム

さすがゴールデンウィーク。
すごい混雑。子供たちが半端なくいます。

イラストのイメージでは、ドーム周辺は芝生に覆われているようでしたが、
芝生がはげてしまったのか、土がむき出しで、砂埃がすごい状態でした。

ここはせめて人工芝にして欲しいところですね。

それでもドームには、複数の階段やすべり台が複雑に絡み合って、
子供たちにとってはかなり楽しい施設。


▲ドーム上からの眺め

ローラースライダーは結構スピードが出てスリルがあります。


ドーム内は雨でも遊べるようになっています。


▲ドーム内部の様子:サンダートンネル

4〜5回ねじってあるチューブ上のすべり台。
娘と一緒にすべりましたが、内部は結構せまいので、
大人は途中で詰まってしまわないか心配になりました。



▲ドーム内部の様子:鉄製リング状の空中トンネル

空中のトンネルでは、双方向から子供が無理入ってくるから、
トンネル中央では前後に進めず、膠着状態に。娘は半泣きになりました。
混雑しているとこうなりますよね。。。


▲ドーム内部の様子:ボールプール
ボールプールは土日祝日は幼児専用。


もみくちゃにされながらも、なんとか楽しく遊びました。
森林公園ではほかにも、水遊び場や、アスレチックもあり、
もっと遊びたかったですが、予想外のトラブルでいけませんでした。
続きはぜひ次回に。

ただ、森林公園に行く前は園内マップをみて、キチンと計画をたてたほうがより、
楽しめます。
アスレチックや水遊び、キッズドームをメインに楽しむなら、
車は西口駐車場に止めるのが良いですね。

あと、園内を移動するには、やっぱり自転車がベストです。
園内バスも1時間に1〜2本程度運行してますが、
混雑時はバスが到着しても満員で乗れないケースもあるようで、
思わぬ足止めとなったり、荷物が多いと大変苦労します。

ただレンタサイクルを予定している方は、はやめにいかないと、
自転車がすべて貸し出しされて借りれないこともありますので、
注意してくださいね。

---------------------------
【おでかけデータ】
国営武蔵丘陵森林公園
埼玉県比企郡滑川町山田1920
http://www.shinrin-koen.go.jp/

満足度(最高5):★★★★
---------------------------




posted by ぱぱき at 00:00| 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

古民家に感動!「難波田城公園」【埼玉県富士見市】

テレビ番組でもたびたび出てくる、難波田城(なんばたじょう)公園。
気になるので行ってみました。

南口の駐車場に到着。入り口から立派な古民家の茅葺屋根が見えます。


▲南口から見える古民家

もっと小さい公園かと思っていたら、意外に広いところです。


▲案内版

まずは古民家ゾーンから見学。
さきほど見えた古民家。明治4年に建てられた民家だそうです。


▲旧金子家住宅


近くに、「ちょっ蔵」という売店があります。
駄菓子がちょっとだけ売ってました。



▲ちょっ蔵

ちょっ蔵の隣にある納屋の前では、べー独楽や剣玉などのなつかしいおもちゃが置いてあり、
こどもたちがあそんでいました。


▲納屋の前のなつかしのおもちゃ

古民家の前に人だかりがあるので覗いてみると、
パラシュートづくり体験のイベントを行っていました。

どうやらここでは、「ちょこっと体験」と称するイベントを定期的に行っているようです。
午後1時〜3時開催、参加自由・無料、事前申し込みは不要だそうです。

ちなみに2013年のゴールデンウィーク中は、
4/29(月):紙のかぶとづくり※
5/3(金)こいのぼりづくり
5/4(土)紙のミニよろいづくり※
5/5(日)ごえもん風呂(しょうぶ湯)(水着とタオル持参)
※材料代がかかります。
などのイベントを実施予定。



▲イベントに参加するひとたち


古民家の中にも入ることができます。
とてもしっかりした作りの家。お手入れもされていてキレイです。






▲古民家の中の様子

できることなら、一度泊ってみたいもんですね。
茅葺屋根も手入れが行き届いていて美しいです。


▲美しい茅葺屋根


こちらは、旧大澤家住宅。こちらも立派です。建築年代は明治4年。






▲旧大澤家住宅

ここでは、はたおりの体験イベントもやっていました。


▲機織り機の展示

本物を見るのは初めてです。

このほか、農機具などの展示もあり、なかなか勉強になります。


古民家ゾーンから、園内中央にある資料館をとおり抜け、今度は城跡ゾーンへ。


▲資料館


難波田城は、富士見市内を本拠として活躍した難波田氏の居城跡。
発掘調査や古城図などの記録をもとに復原した水堀と土塁が見学できます。




▲水堀と土塁

行ったときは、すでに桜は散っていましたが、お堀の周りにはたくさんお桜があり、
お花見にもいいですね。

また、水堀にはスイレン(5月〜6月)、古代蓮(7月〜8月)も咲きます。


------------------
【おでかけデータ】
難波田城公園
埼玉県富士見市大字下南畑568-1
http://www.city.fujimi.saitama.jp/30shisetsu/11nanbadajyo/

満足度(最高5):★★★
------------------






posted by ぱぱき at 00:00| 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

大型遊具が楽しい「番場公園」【埼玉県さいたま市】

番場公園に来てみました。
国道16号沿いにある、縦に長い公園です。


▲案内版

公園中央にある、子ども広場には大型の遊具があります。
大勢の子どもたちが遊具で遊んでいます。



▲大型遊具

複数の滑り台やはしごなどが複雑につながった、
なかなか楽しそうな大型遊具です。









砂場もあります。


▲砂場

この公園の子ども広場は、幼児ゾーン、低学年ゾーン、
高学年ゾーンと3つのゾーンに分かれている、親切設計です。
まあ、子どもたちはお構いなしですが。


▲3つのゾーン

子ども広場の先には、広大な芝生ゾーンが広がります。


▲芝生広場

芝生広場の周りはランニングができるように柔らかい素材の道路が整備されています。


---------------------------
【おでかけデータ】
番場公園
http://blog.sgp.or.jp/findpark/kita/bamba.shtml
埼玉県さいたま市北区日進町2丁目、3丁目地内

満足度(最高5):★★★
---------------------------





posted by ぱぱき at 00:00| 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。